ホーム >安全と品質への取組み >品質への取組み

品質への取組み

当社の製品・技術・サービス(総称して以下「製品」という。)の品質保証・管理について品質保証・管理規定を策定し、CS(顧客満足)を事業活動の基本行動原理として、付加価値が高く、差別性のある製品等の提供を目指しています。その実現の為に、顧客ニーズの把握とCS達成を目指して、日本軽金属株式会社(以下「日軽金」という。)グループの一員として、製品等の品質保証・管理の徹底を図るべく、改善活動を日々推進しています。

品質方針

  • 1.唯一無二のグローバル・アルミ素材メーカーを目指すために、グループ力を最大限に活用し、お客様及び市場のニーズに合致した製品の安定供給を図る。
  • 2.法令遵守、品質リスク管理を強化し、お客様に安心、安全を与える品質の製品を提供する。
  • 3.全部門で「顧客満足度の向上」を品質目標に設定し、継続的な改善を行い、ひとり一人の立場で、品質の安定及び向上に貢献する。
  • 4.アルミニウムのリサイクル事業における省資源、省エネルギーをはかり循環型社会に貢献する。
  • 5.継続的な人財育成に努め、個人、組織の能力を高め、業務の効率化、コスト改善などを推進していく。

2018年3月1日

日軽エムシーアルミ株式会社代表取締役社長 朝来野 修一

ISO9001

当社は、品質マネジメントシステムの維持・強化に向けて、国際規格であるISO9001を認証取得しています。 国内及び海外拠点において、認証を取得しています。

ISO9001
ISO9001
  • 登録番号:Q1233
  • 登録範囲:アルミニウム合金及びアルミニウム母合金地金の設計・開発、製造及び販売
  • 認証範囲:国内本支店及び全工場

品質保証範囲

当社の品質保証・管理活動は、製品の設計・開発から出荷後のクレーム処理、アフターサービスに至る全ての範囲に及び、次の管理項目について、各部門の業務の遂行と管理を定めた品質保証体系を中心に予防措置に重点をおいて活動を行っています。

  • (1)商品設計・開発
  • (2)生産設備
  • (3)購買・外注
  • (4)生産
  • (5)検査
  • (6)出荷
  • (7)クレーム処理・技術サービス

品質委員会

「日軽金グループ品質会議」は、関連会社を含めた品質保証関係者が参加し、日軽金の品質保証担当役員をトップに、品質保証部門が事務局を行い、弊社もグループ会社の一員として、半年に1度グループ内の品質保証に関する方針・情報の共有化に取り組んでいます。

品質保証改善活動

内部品質監査

弊社の品質監査では、内部監査規程に定める監査基準に従い、各拠点の内部監査担当者が、相互に監査を行い、品質システム運用状況を確認し、さらに指摘事項の改善活動を通じて品質向上に取り組んでいます。

グループ品質診断

日軽金の品質保証部門は、グループ会社の各拠点を廻り、品質に関する管理や問題点の調査・状況確認、必要に応じての指導(改善提案)を行うことで、各拠点の品質の維持・管理・スキルアップ、ひいてはグループ全体の品質管理状況の把握を目的に品質診断を実施しています。弊社では海外拠点も含め、その機会を積極的に活用し、グループの改善活動水平展開によるレベル向上に努めています。

品質ISO検討会

部署毎に毎月開催し、設定した品質目標の進捗を及びPDCAの状況を管理し、開発・営業・工場が情報を共有し、横断的活動が出来るような体制つくりを実施しています。

顧客アンケート

お客様の声に真摯に耳を傾け、製品品質・サービスに反映するために、定期的に品質に関するアンケートを実施して、情報収集と改善に努めています。

品質関連教育

海外拠点を含めて、品質保証に必要となる教育を実施し、品質の確保に努めています。

・発光分光分析機に関する教育
・K-モールド講習会

安全と品質への
取組み