ホーム >安全と品質への取組み >安全への取組み

安全への取組み

当社は国内及び海外工場の安全衛生活動をすすめ、労働災害ゼロの安全で快適な職場の構築に努めます。

活動方針

  • 1.安全意識の向上と定着のため、会議・ミーティング・朝礼等においては、安全衛生に関する確認や指示・連絡から始める。
  • 2.リスクアセスメントで、危機性・有害性のリスクを洗出し、危険度の高い項目から検討・対策し、必要により作業標準書の見直しや、安全教育を実施する。
  • 3.安全衛生オーディットを年2回実施し、主要な法令などの遵守状況と、危険性・有害性、機械設備の安全化及び当社安全衛生改善活動重点項目の状況を確認する。また他工場の改善事例を積極的に取り入れる。
  • 4.危険事例や重大ヒヤリを横展開し、災害の防止を図る。

活動

年間活動計画

前年度の状況をレビューし年間安全衛生活動計画を策定し、実行している。

安全衛生委員会

安全衛生員会を毎月開催し、従業員の災害事故の防止と、健康保持増進を図っている。

職場環境の確認と改善

作業環境測定で職場の有害性を確認し、必要により改善を行っている。

ヒヤリハットや安全巡視で危険性や有害性を洗い出し、職場の改善を行っている。

教育

雇入れ時の安全教育や、工程変更者への作業標準等の教育を行っている。

法的に必要な技能講習や、特別教育の士資格保有者数の確保を行っている。

安全体感教育に参加し、危険に対する安全意識の高揚を行っている。

暑熱対策

暑熱による熱中症と労働疾病の予防を行っている。

保護具

定期的に保護具を確認し、より有効な物があれば検討して購入している。

作業者は保護具着用基準に従い、適正に保護具を着用している。

検査及び点検

法的に必要な検査と点検を実施し、適切な機械設備の維持管理を行っている。

KYT活動

KYT活動で、危険に対する感受性を高め、安全な作業を行っている。

リスクアセスメント

新設、改造、移動の設備機器について、設計段階でリスクアセスメントを行っている。

リスクアセスメント実施後、危険性・有害性の改善処置を計画的に行っている。

法令の遵守

安全衛生関係の法規則を定期的に、又は必要に応じ確認し対応している。

  • 安全衛生委員会

  • 規定書

  • 職場環境の確認と改善

安全と品質への
取組み